(2)梵天祭り と 子供達

 平成23年11月23日
祭りが終わっても
子供達は
元気にはしゃいでいました

紅葉の羽黒神社
赤いはっぴの
大人達(写真左奥に)は
後片付け

野口雨情の
歌碑
蜀黍畑(もろこしばたけ)
に登り元気に
遊ぶ子供達

祭り後(あと) 子らは遊びし 冬日和
暁 雲


祭りの後

ぼくも
大人になったら
かつぐよ
ママ!

子供達が登っているのは
野口雨情の歌碑です

この子達が
大きくなったら
思い出すんだろうね
野口雨情の歌碑
に登って
遊んだ事を

そして
それが日本を代表する
詩人であることに気がつき

もしかすると
詩人になるかも


雨情歌碑と子供達


蜀黍畑(もろこしばたけ)
野口雨情

おせどの親なし
はねつるべ

海山千里に
風が吹く

もろこし畑も
日がくれた

にわとりさがしに
行かないか


雨情 蜀黍畑 歌詞

野口雨情は
太平洋戦争は激しくなり
東京から
この地宇都宮市鶴田町
に疎開しました

羽黒さんの北側に
今でも旧居があります。

雨情は童謡の三詩人の一人で
西条八十と北原白秋と肩を並べる
詩人です

鹿沼街道には
あの町この町の歌碑があります

野口雨情は小学校の校歌
も作詞しています

長崎県佐世保市立大野小学校
校歌

一 わが学舎(まなびや)の 丘近く
玉もつづらん 永久(とこしえ)に
流れも清き 大野川

二 熱愛誠の シンボルは
としは移れど その昔
松浦の鎮(しず)め 大智庵(だいちあん)

三 石盛岳の 勇姿(ゆうし)こそ
大度(たいど)を持(じ)して ゆるぎなき
日々の訓示(おしえ)と 知らざるや

平成23年6月22日
大野小学校だよりより
http://www.city.sasebo.ed.jp/es-ohno/attached/t_kiji-shiryou1-7372.pdf


祭りも終わりです

梵天の 祭りの後や 冬ぬくし

暁 雲

祭りの後

皆さん
帰って行きます

終わり

祭りの余韻が残っていました
来年も
楽しみです

宇都宮ではもう一つ
上河内町の羽黒山神社でも
梵天祭りが例大祭として
行われています





(1)梵天祭り

 平成23年11月23日
今日は
宇都宮市鶴田町にある
羽黒神社
に行きました

昼食を終え
祭りが終わってしまったかな
心配になりながら
エネループバイク
でひた走る

なんとか、最後の
梵天に間に合いました
鳥居をくぐり
上ってくる

ギャラリーはカメラを構え
盛んにシャッターを切っている

梵天1

すぐそばまで上ってきました
この1枚を撮り
参道から奥に待避

梵天2

梵天を 担ぐ若者 冬ぬくし
暁 雲

梵天を担ぐ若者
勢いあまってステンころりん
迫力ありますね


梵天3

無事到着

境内に集まった人達
神官を中心に
祭りを運営する人達
皆が梵天に集中して
気持ちが一つになっていました

気一つに 祭り梵天 冬めけれ
暁 雲


梵天4

祭りはんてん
いいですね
梵天の竹が
割れていますね
竹を激しく
ゆする為ですかね

梵天5

神官が
おはらい
していました

梵天6

みなさん
お待ちかねの
餅や、お菓子、手ぬぐい
などまいています
それらが、空中を飛んでいる
様子です

餅まきや 我先に取る 冬日和
暁 雲

餅まき


無事終了しました
梵天は神社
わきにありました


梵天到着


(2)へつづく


宇都宮城址公園に展示してある 山車

081029_1206~0002.jpg
今日はお昼休みに宇都宮城に行きました、復元された宇都宮城本丸土塁はコンクリートで出来ています。その内部空間に展示場があります。そこに行きました、ごらんのように立派な山車がありました。

市場祭り2

20061223_204823.jpg
061223_0900~0001.jpg

市場祭り1

20061223_204809.jpg
ぜんざいをたべました。
061223_0821~0001.jpg
やすい物を買うために並んでいます。

061223_0855~0001.jpg
売店でソバやいろいろ売っています、それをかってテーブルで食べています。
061223_0900~0001.jpg

宇都宮市伝統文化フェスティバル

第4部/伝統芸能ステージ/ファイナル
20061103_172777.jpg
会場の様子
061103_1633~0001.jpg

明日は宇都宮餃子を食べながら秋祭を見よう!どうぞ宇都宮へ

 今日(28日)は午前中JR宇都宮駅近くの篠原家住宅前を歩いていると古式ゆかしい祭にあいました、これは宇都宮二荒山神社の秋祭「菊水祭」でした。 
20061028_168083.jpg
自治会の方々が礼服でお迎えしていました(八坂神社の関係の自治会の方?)。
061028_1033~0001.jpg
061028_1035~0002.jpg
正面の黒い蔵は篠原家住宅です。
 秋高し天狗の姿町中に
 kobahiro
061028_1036~0002.jpg
秋の日や祭の武者がビルの前
        kobahiro
秋晴れや武者を乗せたる白馬かな
              kobahiro
平成と鎌倉結ぶ奥州路
  鎌倉武士が甦る秋
        kobahiro

 宇都宮市内で毎年行われる行事「菊水祭」は、寛文13年(1673)から続いているといわれており、宇都宮二荒山(ふたあらやま)神社の本祭で、最も賑やかな祭りです。猿田彦を先頭に馬にまたがった流鏑馬の射手を伴った渡御が行われます。真っ赤な天狗の面をかぶり、矛を手に持ち、高下駄をはいてノッシ、ノッシとやってくる猿田彦の姿は勇壮です古式ゆかしい神輿行列や流鏑馬が行われます。馬に乗った武者が馳せながら、鏑矢で的を射る流鏑馬の神事も二荒山神社境内で行われます。
日 時 10月最終土(28日)・日曜日(29日)
鳳輦(ほうれん)渡御 9時30分・13時30分(両日予定)
流鏑馬 9時・15時ごろ(市内を練り歩くので時間確定でないよです)場 所   宇都宮二荒山神社 交通  電 車:JR宇都宮駅より市内バスで5分「馬場町二荒山神社前」下車  東武宇都宮駅より徒歩10分 車 :東北自動車道宇都宮ICより約20分 問い合わせ 宇都宮二荒山神社 TEL 028-622-5271

大通りにぎわい祭 宮の市 11月4日5日

20061022_164238.jpg
大通りを歩いていたら、大通りにぎわい祭 宮の市 が11月4日5日に大通りで開催されるのですね。看板がありました。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM