田川のお友達「サギたち」に会いに 上三川町田川「神主橋」まで

 平成23年7月31日
上三川町まで田川サイクリングロードを行きました。
電動自転車 エネループバイクで行く

今日の田川の表情(荒々しい表情)
田川の表情

木の上に青鷺(アオサギ)が留まっていました。
木に留まる青鷺

青鷺の勇姿・・・・カッコいいですね
青鷺1

中島町の田んぼにいたサギ(中サギと右側アマサギです)
サギ

上三川町の橋、今日はここまででUターンです。
神主橋名板

神主橋から南を望む、サイクリングロードはまだまだつづきますが、ひとまずここまで。
神主橋南方面


距離と時間

それでは不動前に向けてひとっ走りです。



田川のアオサギ君どうしているかな?

 
平成23年7月10日AM
梅雨明けした宇都宮の田川のサイクリングです
上三川町まで行きます。
さすがに暑いですが川風が気持ちいい

サイクルメーター
マップ1
マップ1
マップ2
白鷺まで距離にして、約30mくらいかな
レンズを向けても逃げない
ダイサギ
炎天やサギの佇む川の堰
暁雲
鷺
田川のダイサギ nikon D70 SIGUMA DG 150-500mm

田川サイクリングロードをひた走る
遠くに樹木みつける
枝にいる鳥だ目ではわからない
望遠で見るとゴイサギでした
レンズを向けると逃げてしまうかな?
・・・・・・
何枚か撮りました 

   五位鷺や木陰に留まる日の盛り
                    暁 雲


さすがに五位鷺(ゴイサギ)も木の枝の木陰で休んでいます、暑そうに見えませんか?
枝で一休み
田川のアオサギ nikon D70 SIGUMA DG 150-500mm

このアオサギもレンズを向けたらすぐ飛んでしまいました。
飛翔
田川のアオサギ nikon D70 SIGUMA DG 150-500mm


鬼怒川の太公望とサギに会いました

平成23年6月28日PM
今日は清原工業団地までサイクリングです。
柳田大橋から鬼怒川の太公望たち
鬼怒川柳田大橋から
柳田街道から工業団地へ進入路脇の青田にいる「アオサギ」
アオサギ
工業団地のメイン道路の緑地帯(緑陰はとっても涼しかった)
鬼怒川工業団地 緑陰
清原工業団地 キヤノン
キヤノン
国道123号線 鬼怒川(帰りは水戸街道です)
鬼怒橋 河川名
鬼怒橋(新鬼怒橋から撮影)
鬼怒橋

Cyclemeter

(1)マップ(グリーンの数字はKm)ムラサキ色が走行ルート 
マップ
(2)デジタルデータ
サイクルメーター



エネループバイク Cyclemeter 大谷観音まで

今日は大谷観音までのサイクリングです
自転車はエネループバイクです
iphoneのソフト Cyclemeterで距離と時間の計測をしました。
左に行くと自転車競技のワールドカップが開催される宇都宮森林公園方向です、右は大谷観音方面です。


観音への道

右側に行くと大きな看板石の里大谷です

左側が姿川です、アオサギが飛び立ち、優雅に飛んで行きました。

青鷺の飛ぶや優雅に姿川

     暁 雲

石の里


大谷観音が見えてきました
観音様

大谷観音
大谷観音

平和観音の説明板です



説明板
平和観音
大谷寺の南側に高くそびえる平和観音は、身丈26.9メートル(88尺8寸8分)の高さで、第2次世界
大戦による戦没者の霊を弔(とむら)い,世界平和を祈念するために、大谷観音の御前立(おまえたて)として彫刻されたものです。
戦後まもない昭和23年9月より,当時の大谷観光協会と地元の人々の熱心な後援のもとに,大谷石
の採石場であった壁面を利用し,南側の岩肌に観音像を刻みました。東京芸術大学教授・飛田朝次郎氏が彫刻を手がけ,その指導のもと,大谷町の石工・上野波造氏らが制作にあたりました。6年の歳月を費やした結果,昭和29年12月に完成しました。昭和31年には,日光輪王寺門跡菅原大僧正により開眼供養が行われ,それ以降大谷の顔としてそびえ立っています。

平和観音

大谷観音像
石の町大谷
石の里大谷の空間

宇都宮市不動前~大谷観音まで約11.1Km? 
マップ
Cyclemeter:不動前から大谷観音までとルートに
不動前から大谷まで往復の距離21.35Km
時間は1時間44分
Cyclemeter
エネループバイクまだバッテリーが残っています。
バッテリー状況




鬼怒川のサギに会いに行きます。

今日は鬼怒川までひとっ走りです
電動自転車のエネループバイクで行きます
距離と時間の計測はiphoneのソフト「Cyclemeter」使用します



自転車専用道路

栃木県道64号宇都宮向田線通称鬼怒通りの自転車専用通行帯ですが交差点付近では、無くなり歩道に上がります。


マップ
上記写真はiphoneソフトCyclemeterの画面
不動前から大橋まで9.6KMでした
不動前〜柳田大橋〜不動前 距離19.19Km、時間1時間25分
柳田大橋
柳田大橋に到着 エネループバイクと鬼怒川 
鬼怒川の鷺
鬼怒川に鷺が見えました(柳田大橋から)DSC-WX10

大橋からの空
清原工業団地方向を撮りました、上空には雨雲、雷も鳴っています。(柳田大橋から) DSC-WX10


エネループバイクで田川サイクリングロード

 夕方エネループバイクで田川のサイクリングロードを走りました。
エネーループバイク

マップ
33分52秒 7.56Km
田川の橋
コース途中の田川に架かる平元通りの橋から新幹線高架を望む

エネループバイク登場

 自転車のまち宇都宮

最近宇都宮の町中に青いレーンがよく見かけます

自転車専用レーンです

これから時間を見つけて走ってみたいなと考えました

エネループバイク

サンヨー折りたたみ電動自転車エネループSP20型ですエネループバイク

バッテリー未装着(充電中)

つづく


JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE in UTSUNOMIYA

 2010ジャパンカップサイクルロードレース が宇都宮市で行われました。 10.23(SAT) 2010 JAPAN CUP CRITERIUMS ジャパンカップクリテリウム(35.65km) 約1.6kmの栃木県都宇都宮の大通り(幅員30m片側3車線)を20周走りました。 今から20年前の1990年にアジア初となる世界自転車選手権競技大会が開催されました。 ゲート    発着地点になる白いゲートとその裏側に二荒山神社の大鳥居が見えます。
ジャパンカップ500P

 まち中で配布していたパンフレットの表紙です。
より大きな地図で ジャやパンカップサイクルロードレース を表示 5560−500P5566−500P
 SUBARU LEGACY のサポートカーです
5664-500P
 トップグループの勇姿
5730−500P
 トップグループと観衆

5774−500P 5756−500P
 今日の下野新聞にこのレースのことが記してありました、「直線でのスピードは時速70kmを超すと見られる」・・・・ 選手の方々が流れています(シャッター速度が遅かった!)
5799発着点ゲート  レース終了後のゲートと再開発ビル 二荒山神社   
 宇都宮市の中心下野国一の宮「二荒山神社」の鳥居

 明日24日開催 「JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE in UTSUNOMIYA」

 宇都宮市の西部にある宇都宮市森林公園で開催されます。「世界のトップ選手を目にできるまたとない機会とあった、ジャパンカップには日本全国からロードレースファンが詰めかけます。特に急勾配の上り坂である古賀志林道には大勢の観客が集まり、その様子はツール・ドフランスさながらです」とパンフレットに記されていた。


社会実験終わり(自転車専用通行帯)

090319_1209~0001.jpg

自転車で快適に走れるまち宇都宮(実験中)

栃木県では宇都宮の中心街で自転車の専用通行帯をつくり社会実験をしているとの下野新聞の記事でみたので、今日走ってみました。
自転車8自転者9090318_1221~0004.jpg自転車社会実験25
みなさん県都に自転車専用帯が増えました、実験とは言えありがたいことです。
走ってみると安心して早く快適に走れます。
 市民の皆様方是非走ってみてください。また歩行者の方も歩いてみて、安全を実感してください。
 自転車専用通行帯が無いときは、人と自転車が混在しています。
自転車からは人が邪魔でした。(オットこれは法律違反ですね、人がいたら降りておすとか・・・歩道は歩く人が優先です)
 また歩行者からはこんな感じです「突然後ろから音もなく危険な自転車がすり抜けてゆきます、これは大変怖いですね」又年配の一部の方だったと記憶していますが、「歩道を我が物顔でベルをチリンチリンと鳴らし、どけどけと言わんばかりの顔をして乗っていました」
 今から15年前になりますが、私がベルリン、ミュンヘン、アムステルダムでみた風景にはこのようなことではなく、市民の方たちが安全にそして早く快適に走っていました。歩行者は絶対自転車通行帯に入っていませんでした。
 これからの問題は、我々市民がいかにこの事業に必要性を感じるかだと思います。例えば、自転車通行帯前に住んでおります市民の方々が、家の前の歩道が狭くなるなどと言う反対意見を出すなど、総論賛成だが各論反対であると困ります。
 車から自転車に変えて行こうではありませんか。昔は考えられませんでしたが、今は近所のスーパーまで車で行く時代です、ライフスタイルを変えようではありませんか。
 宇都宮は燃料消費量が全国で一番とか、世界主要都市ではアメリカのヒューストンだと言う話を聞いたことがあります。この汚名を返上しようではありませんか。
 自分のことしか考えていませんか、地球の温暖化を進めているのは私たちであることをもっと認識しようではありませんか。イタリアのサンマルコ広場が冠水している映像見たことあるでしょう。青い地球を1000年先も残して行こうではありませんか。
 宇都宮市の森林公園では毎年ジャパンカップが開かれ世界中から選手がきていると聞いております。将来は是非とも大谷街道に自転車通行帯を設けてJR宇都宮駅から森林公園まで安全に自転車が走れるようにしたいと希望します。
 宇都宮市には自転車通行帯がすでにありますが、さらに整備を進めて、自転車が快適に乗れる町をつくることにより、買い物や通勤、通学に自転車が使われ、そのようなことから健康都市宇都宮になって行くと思います。
 将来が楽しみです。
大きな地図で見る




| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM