そうだ宇都宮に「餃子食べに行こう」

明日から宮祭りです。
宇都宮に祭り見物と宇都宮名物「餃子」食べに来て下さい。
駅からバスですぐです。馬場町で降り下さい、近くにラパーク長崎屋がありますその地下1階に餃子のおみせ「来らっせ」がありますここには美味しい餃子のお店が複数あります。
080801_1243~0002.jpg080801_1244~0001.jpg080801_1244~0002.jpg080801_1243~0001.jpg写真は来らっせ入り口とその反対側にある宇都宮餃子 お土産品コーナーの写真です宅配もできます。間の通路には観光パンフレットがあります。そこに「蒲生君平生誕の地を歩く」マップが置いてあります。次回宇都宮に来るときにはそれで、城下町宇都宮を散策して下さい。

「たまき」 の 黄ぶなもなか◆〜換颪愴信

家に帰り早速食べてみました。
 妻のことば
あんこがたっぷり入っています。大きさが丁度いい大きさです、80円くらいならもっといいね、でも箱に入れるとしょうがないのかなともつぶやいていました。

 私もこれなら自信をもって宇都宮の名物だよと、全国の友達に送ろうかなと思いました。

食べたい人は下記にどうぞ。
問い合わせ 筺。娃横検檻僑横粥檻隠械娃
10個入り1000円 5個入りや20個入りもあるそうです
製造元 たまき 
販売店 宇都宮市清住の「たまき」ほか 栃木県内百貨店
ファックスやネットでの購入も可だそうです

新聞に書いてありましたが、最中の形は田巻社長がデザインして木型を彫ったそうです。地元の名物は歴史を発掘するとできるのですね。これで宇都宮から名物の発信ができます。うれしいことです。餃子を食べに来たときにお土産にどうぞ。20070414_274445.jpg070414_1556~0001.jpg

「たまき」 の 黄ぶなもなか

日経新聞 2007年(平成19年)4月14日
おみやげ百科 に出ていました。
宇都宮市内でギャラリーを三十年余開いてきた「たまき」の田巻秀樹社長が「地域で愛され、全国に発進出来る和菓子をつくろう」と思い立ったのは2004年・・・・「きぶなもなか」を作ったという記事が載っていました早速買いに行きました。
20070414_274432.jpg070414_1552~0001.jpg
070414_1553~0001.jpg070414_1554~0001.jpg

新作 TORAYAさぶれ(宇都宮)

20070321_256734.jpg070321_1756~0001.jpg070321_1846~0002.jpg070321_1518~0001.jpg
うつのみやとらや の 新作 「KOKUTOUさぶれ」沖縄のちんすこうの味がします。
黒糖を使っています。上品なあじです。 1枚80円です。 写真の箱は30枚入りです。
問い合わせ 〒320−0043 栃木県宇都宮市桜2丁目5番31号 電話(028)643−5567


うつのみや 10円まんじゅう

二荒山神社から宇都宮城へみはし通りを行くと平成通りを渡ったて(目標はファミリーマート)東へ下ると100mくらいのところにお店があります。店の前にはいつも買いに来た人達の車が2から3台止まっているときもありますので目立ちます。店の前には看板とのぼりばたが目につきます。まんじゅうは写真のとおり一口でたべられるような小さなまんじゅうです、これが人気です。10円まんじゅう看板10円まんじゅう営業日元祖10円まんじゅう10円まんじゅう

山形銘菓「乃し梅」

20070304_246213.jpg
山形の友人から土産をいただきました。
少し酸味があり大変おしい梅菓子であります。
山形銘菓 乃し梅 の由来
その昔、紅花から「紅」をとるには、梅の実の酸が必要とされ、山形では紅花と共に梅の栽培が盛んに行われておりました。梅を使った菓子の起こりは古く江戸時代にさかのぼります。山形城主の典医「小林玄瑞」が長崎に留学のおり、中国人から伝授されたという秘伝の気付薬が「乃し梅」の期限と伝えられております。後年、幾多の改良のすえ、銘菓としての味わいと形をととのえ、現在にいたっております。山形盆地に産する完熟した梅を原料として、伝統の手法にてつくりあげました。ふくいくたる梅の香りと、さわやかな酸味をお楽しみいただければ幸いに存じます。
七代 砂糖屋松兵衛 敬白
 以上 説明書より
創業文政年間
(株)砂糖松兵衛商店
〒990-0031 山形市十日町三丁目110-36
電話023-622-3108
FAX023-642-4804
地方発送するそうです。

070304_1956~0001.jpg070304_1955~0001.jpg

古印最中

20070224_241479.jpg
足利市にある 古印最中(こいんもなか)です。お土産にいただきました。
070224_1442~0002.jpg
歴史の町「足利」ゆかりの古印・落款に因んだ最中で、厳選された北海道十勝産の小豆のみを使用しております・・・・・・とHPにかいてありました。
・ 武士(もののふ)のこころ、いまにつたえて
足利の郷に銘菓あり・・・・・・。
一途な郷土愛を「古印最中」に託して
創業以来百余年、
相田みつを製作のしおり、包装紙とともに、
古印最中は全国的に有名になりました。・・・・・・和菓子 香雲堂本店・・・とHPにありました。

宇都宮の地ビール と みんみんの餃子

宇都宮地ビール
左から冬の黒、中央「冬の軌跡」、右「麦太郎」です。
070101_1940~0001.jpg
宇都宮餃子会の会長さんの店は「みんみん」です。宇都宮二荒山神社南にある長崎屋の地下にある「きらっせ」でお土産餃子を買ってきました。家で焼く餃子もいけます。
「みんみん」のホームページは
http://www.minmin.co.jp/  です。
インターネットで買えるようです。

餃子の店「きらっせ」


きらっせ
宇都宮の餃子が食べられる(いくつもの餃子店の餃子があります)ラパーク長崎屋の地下にある「きらっせ」販売コーナーです、全国発送もできるようです。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM