「蒲生君平賛菓」発売

 今日の下野新聞に記事が載っていました。

菓子処うさぎや「君平賛菓」発売
 下野菓子処うさぎや(宇都宮市伝馬町)はこのほど、郷土の偉人・蒲生君平にちなんだ「蒲生の里君平賛菓」=写真=を発売した。江戸後期の学者・蒲生君平は、宇都宮市新石町(うさぎや前)の生まれ。林子平、高山彦九郎とともに、「寛政の三奇人といわれ、「山陵志」を著すなどその事績は高く評価されている。新商晶の「君平賛菓」は、「君平羊羹(ようかん)しと「君平饅頭(まんじゅう)の2種類。丹念に練り上げられた本練りのようかんは、はかま姿の君平をイメージした小箱に納められている。まんじゅうは、高級大納言あずきのうまみを生かした粒あんを、薄皮で包んだ一品。クルミの香ばしさを添えて、りんとした君平の雰囲気をお菓子に表現している。
間い合わせは、同店(電話)O28・634・6810

以上下野新聞記事

蒲生君平 肖像画

090315_1711~0001.jpg
****君平羊羹137円
090315_1716~0001.jpg

君平饅頭(くんぺいまんじゅう)

宇都宮市で江戸時代に生まれた偉人蒲生君平にちなむ菓子「君平まんじゅう」を見つけました。場所は宇都宮市伝馬町にあります。店北側に蒲生君平の生誕地があります。
 店の中には喫茶コーナーがありました。
090315_1716~0001.jpg090315_1711~0001.jpg
うさぎや看板
大きな地図で見る

屋台もなか(鹿沼銘菓)

080525_1643~0001.jpg

名物揚げまんじゅう

お正月のお土産にいただきました。
目黒の御門屋のまんじゅうです。
皮はごまが入っております、しっとりとしていて味はかりんとうのような味がします。中はこしあんがはいっております。
 まんじゅうとかりんとうを一緒にたべているよなかんじです。
あげまんじゅう
あげまんじゅう(ごま
ごまの味がします、皮とあんこの中にもごまが入っていました。
あげまんじゅう
あんこの味と皮のシホンケーキのような味です
揚げまんじゅう包装

 こんな味はじめてです。美味しい。
袋の後ろに記載事項
有限会社 御門屋 
東京都目黒区4-24-12
tel 03(3719)0537
販売店ご案内
 東京駅店5219-5083
(東京駅中央通路名品館内)
東急東横店3477-4630
 (JR渋谷駅B1F)

変わった形の「おせんべい」

20070108_214348.jpg
東京赤坂の柿山のおせんべいです。
KAKIYAMA
変わった形だなと思って食べてみると
中にアーモンドが入っていました。
柿山おかき
アーモンドとせんべいじつによいハーモニーがあります。
赤坂柿山 東京都港区赤坂3丁目6番10号
tel(03)3585-9990

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM