電動車イスで移動できる街 うつのみや

081112_1211~0001.jpg
お昼休みに馬場町に行きました。宇宮城址公園から石畳の道が二荒山神社のほうへ整備されています。そこを高齢者の方が、電動車いすで移動していました。いいですね、私も20年後くらいに車いすになったとき、どこにでもゆけるように宇宮の道路をさらに整備してほしいです。あ・・・そうそう皆さん知っていますか「江戸時代徳川家光など将軍が宿泊した宇宮城本丸の土塁と櫓(やぐら)が平成によみがえりました。その高さは土塁が10m、櫓が10mです史実に忠実に復元されたときいております。その土塁と櫓はは現代にあったバリアフリーになっております。車いすでエレベーターを使えば簡単に土塁上に登れます、また櫓へはスロープがありました。是非見学に来て下さい。

お年寄りの移動手段 電動カー

20070206_231136.jpg
最近よく高齢者の電動カーを宇都宮市の中心市街地で見かけます。この写真は南大通りを渡っていますが歩行者用信号はごらんのように赤になっております、渡りきる前に信号は赤になっていました。(車と衝突してしまいますよね大変心配でした)
本当は中心部は車の乗り入れ制限の話がLRT導入で持ち上がっていますよね。

宇都宮って電動カーで高齢者がどんなところでも、堂々と走っています。車を押しのけて(そのように見えるだけ)、又は歩けないお年寄りが、快適な移動手段として電動カーをつかっているのでしょう、私の近くのスーパーまで電動カーで買い物に来ています。これからはますます、お年寄りがふえます。それと同時に電動カーがふえます。道路管理者と交通管理者は真剣に高齢者の交通の確保に知恵をださないとならない時代になるのですかね、これからは街の中心部はお年寄りの電動カーと車との共生の時代になるのでしょうね、車を運転しているひとたちも20年から30年で電動カーの仲間入りになるとおもいますので、車を我が物顔に走っているひとたちは、譲り合いの精神をはっきしないとだめでないかとおもいました?いつかわ我が身??

電動カーの老人

20070128_225826.jpg
今日は午前中に自転車で市中心部へ行く途中に電動カーが東京街道を横断しているところを見かけました。歩行が困難なご老人でした。写真は一条中学校の南側の市道を走っているところです。今日は日曜日なので車が少ないですが平日など、車が多い時は大変でしょうね。(本人に聞いてみないとわかりませんが)。専用の通行帯があるとよいのですが・・・・・と思いました。
 お年寄りが快適に移動できるまちは市民みんなが楽しく歩ける街なのでしょうね。
 車はそろそろ中心部は遠慮して走ってもらいたいですよね。たかだか2kmくらいのところを何で60km/hで走る必要があるのですかね、歩いて楽しい街をつくろうではありませんか。と思う人はいないのでしょうか。市中心市街地は歩行者と自転車が快適に移動できるゾーンにしてください。しかし車が入ってはいけないとは思いませんが、時速20kmの規制のところがありますよね。そこでは車の方達は速度違反をして走っているように見えます。20km/h以下なら車と人が接触しても死亡事故はないそうです。
 車の人は寒い冬でも快適な室内、歩行者と自転車は寒風にさらされて移動しています。
車を使っている人たちに少しは歩行者と自転車に気を使って頂けると幸せだなと思います。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM