アオサギと田川を散策する人

JUGEMテーマ:地域/ローカル
平成27年3月7日(土)

夕方の田川です

曇りでちょっと寒いです

下水処理場のあたりに来ました

いました、いました いつものお友達

アオサギ君がいました、黄色い円の中辺りです

( アオサギがいた場所 飛んで行った後に撮影)
アオサギの撮影箇所
Nikon D3200 SIGUMA FISHEYE 10mm 1:2.8

アオサギがじっと身じろぎもせず

佇んでいました

体長は90cmくらいかな

とにかく大きい鳥です

( 田川のアオサギ ) 16:21
田川のアオサギ
Nikon D3200  SIGUMA DG150-500mm

何枚か撮っていると

飛んで行ってしまいました

眼光の鋭き鳥や春の川
                    暁 雲

眼光鋭きアオサギ
Nikon D3200 SIGUMA DG 150-500mm

カワウなどはカメラを向けると

直ぐ飛んで行きますが

アオサギは2〜3枚は撮れます

( 田川を散歩する人 )16:31
田川の散歩人
Nikon D3200  FISHEYE 10mm1:2.8

前方左手に椿が見えます

灰色の空に輝く椿かな
                   暁 雲


椿
Nikon D3200  SIGUMA FISHEYE 10mm1:2.8
椿の花
Nikon D3200 SIGUMA FISHEYE 10mm1:2.8

田川のムクドリ

平成27年3月5日(木)

田川を散策しました、午後4時頃です

とっても良い天気でした

野鳥が枝に留まっています、早速カメラを構えました

黄色い円の中です

ムクドリの留まる木
Nikon D3200  SIGMA FISHEYE10mm1:2.8

かわいい野鳥が二羽えだに留まっています

ムクドリでした

田川のムクドリ
Nikon D3200  SIGMA DG150-500mm

 

田川上空の大型の鳥 2分間の出来事

JUGEMテーマ:地域/ローカル
平成26年(2014)3月28日(金)

 いつものように、田川の堰(せき)のあたりまでくると

田川の堰

nikon D3200 レンズ  SIGUMA DG 150-500mm APO HSM


  上空に一羽の大型の鳥がゆっくり旋回していました 
     上昇気流にのって円を描くように飛んでいます

     トビですね

   早速望遠レンズを構え追尾するのですが
       何分にも、マニュアルでピント合わせ
          手持ち撮影で手ぶれもしてます
           時間は午後5時頃で、西日が当たっています

       以下のような写真になってしまいました

トビ
nikon D3200 レンズ  SIGUMA DG 150-500mm APO HSM

トビ


トビ


トビ

ネ柴を受けて旋回するトビ
トビ


トビ


トビ

─,海亮命燭里△飛か彼方に飛んで行ってしまいました
  あっという間の2分間でした!!
トビ
nikon D3200 レンズ  SIGUMA DG 150-500mm APO HSM

コサギの姿

JUGEMテーマ:地域/ローカル
平成26年(2014)3月28日(金)

コサギ(白鷺(シラサギ)とも言うそうです)がいました

国道4号線バイパスの田川橋梁の下にいました

コサギは足趾(そくし)が黄色だそうです

※足趾とは足の指のことです

コサギ
nikon D3200 レンズ  SIGUMA DG 150-500mm APO HSM

 

小さな花たち

JUGEMテーマ:地域/ローカル
平成26年(2014)3月26日(水)

田川の遊歩道を歩いていると

君、君、私のこと見てよ 

とささやく

ついついカメラを向けてしまう

最初の花は

ブドウのふさの形をしてました

花言葉は「明るい未来」だそうです

ヒヤシンスの仲間だそうです

和名「ブドウヒヤシンス」

田川ムスリカ
カメラ nikon D70
ムスカリ
nikon D70 AF NIKKOR 85mm

次の出会いは

ホトケノザです

ホトケノザ田川
カメラ nikon D70

最後は水仙でした

水仙 田川
カメラ nikon D70 

一級河川田川の国道4号バイパスに架かる橋から上流を見ると

可憐な花たちは 田川の右岸(下流に向かって右側)

写真(田川上流に向かって撮影)の左の土手に咲いてました
田川4号線上流
カメラ nikon D70  
 

アオサギのお出迎え

平成24年4月1日(日)

四月になってしまいましたね

昨日と打って変わって、暖かい日になりました

午後田川に行きました

アオサギが

不動の姿勢で佇んでいました

カメラを向けると

飛んで行ってしまうかなと思うと

君なんか知らんよ

言わんばかりに横をむいたままでした

アオサギ

近くには

ハクセキレイです

ハクセキレイ

今日も

釣り人がいました

釣り人

コサギがいました

二本の冠羽(かんむりばね)が

頭から背中の方に

出ているのが見えます

コサギ

河川敷内にある

遊歩道

にいました

この鳥はロシア極東で繁殖するそうです

亜種ツグミだそうです

ツグミ

上流に向かって歩きました

今度は

黄色が目立つ鳥です

キセキレイ

がいました

キセキレイ

鳥のさえづりが

聞こえます

それは、田川のそばにある

建物に留まっていました

また、ハクセキレイ

でした

ハクセキレイ

旭陵橋から

鳥を探しながら

歩いて

宮の橋まで来てしまいました

青空に浮かぶ白雲春の空

暁 雲

4月の季語:春の空

春の空


田川の鳥たち

 平成24年3月27日

今日はとっても暖かい一日です

旭陵橋から

宮の橋に向かって散策しました

春の川

そして太陽の光が燦々と輝いています

植物や野鳥が元気です

旭陵橋から


カルガモが

気持ちよさそうに

泳いでいます

カルガモ

土手には

モンキチョウが枯草に留まっていました


モンキチョウ

所々に小さい花が

咲いていました

オオイヌフグリと赤い花

オオイヌノフグリ

オオイヌフグリ


川には

ハクセキレイです

ハクセキレイ


ハクセキレイ

アップにしてみました

特徴は

頭上が黒い、過眼線(かがんせん)が黒い

過眼線とはくちばしの基部から

眼の前後を通る線

中雨覆と大雨覆は白い

ハクセキレイ

田川で釣りをしている人も

いました

金井田橋上流


上を見上げると

電線に野鳥が留まっていました

対岸野鳥


ホテルの近くの電線に

ムクドリが

沢山留まっていました

電線にムクドリ

ムクドリのアップです

ムクドリ

西の方をみると

日光連山が

住宅の上に見えました

日光連山


簗瀬橋が見えてきました

簗瀬橋


簗瀬橋の右岸には

電線に

コサギがいました

コサギ

コサギの特徴は

頭に2本の冠羽があります

冠羽(かんう、かんむりばね)とは

頭部から生える細長い羽根

コサギ2


城東橋が見えて来ました

城東橋


今度は

セグロセキレイです

セキレイは秋10月の季語です

特徴は

体上面と胸は黒い

眉斑(びはん)(目の上のところ)、額(がく)喉が

白い

翼は白い

セグロセキレイ

またコサギがいました

胸にはレース状の飾りはねがあります

頭にやはり

2本の冠羽が見えますね

頭から背中に

細く白い

紐状のものが見えますこれが冠羽(かんむりはね)です

コサギ

洗橋が見えて来ました

洗橋

菜の花が咲いていました

菜の花は

4月の季語です

菜の花

田川と菜の花

今歩いて来た洗橋が見えます


田川と菜の花

押切橋です

押切橋

コサギがまたいました

コサギ

カルガモです

カルガモ

終点の宮の橋まで来ました

宮の橋


今回のコースです

グーグルマップより



より大きな地図で 田川野鳥観察 を表示

田川のモズ

平成24年3月16日

今日もいい天気ですが

寒いですね

田川サイクリングロードを久しぶりに

自転車で散策です

川田大橋の

手前に野鳥がいました

モズでした


モズ


モズが留まっていたのは

このような場所でした

てっぺんに

留まっていました


モズの止まり木

川田大橋から

見た田川の風景です

この場所にモズがいたのです

細かく言うと

画面中央から右側の草原の中です(左岸)に小さくみえます

分からないかも

モズがいた田川



田川に春がやって来た




 平成24年3月11日

今日は曇りです

いつもの散歩コースです

ふとみると

小さく可憐なはなでした

名前は

オオイヌノフグリです

この花はヨーロッパから

120年前に

帰化した

植物だそうです

春ですね

堤の花


いつもいる

カルガモです

今日は水中に何度も潜っていました

羽でバシャバシャ

青い羽根がみえましたね

翼鏡(よくきょう)

と言います

普段は見えませんね

カルガモや何度も潜り春の川
暁雲

季語:春の川

カルガモ

田川サイクリングロード

を歩いていると対岸に

黒い物が少し動いているように見えました

写真中央のあたりです

注意しないと見過ごします

田川と雉見えない

早速望遠レンズを覗(のぞ)くと赤い顔と緑の羽毛がみえました

それは雉(きじ)でした

対岸の河原すすきに雉の行く

暁雲

季語:雉(きじ)

雉

芒原をしばらく歩いていました

しばらくすると

草地にでてきました

雉2

3月6日に撮りました

アオサギです

これも

うっかりすると見過ごすところでした


アオサギ


産業通を越えた

旧道の電線にいました

野鳥たち

電線の野鳥

麦畑も緑が濃くなってきました

春めきし青々となり麦の畑
暁雲

(はるめきしあおあおとなりむぎのはた)
季語:春めく

麦畑

3月6日に撮影した麦畑です

麦畑


土手の田圃側

に白梅が

ちらほら咲き始めました

春江や遅き梅咲き堤行く
暁雲

季語:春の川、春江
田川の梅

田川の方をみると

荒々しい

水の流れです

あらあらしい田川

食肉市場にいた

野鳥たちです群れを作っていました



食肉市場の野鳥

東北新幹線の近くにある

高圧線に

カワウ達が羽根を休めていました


高圧線のカワウ

一番左の鳥の頭の部分です

くちばしの先端が

カギのように曲がっていますね

ほおから喉に掛けて

白いですね

やっぱり

カワウですね

強東風に耐えて留まるやカワウたち
暁雲

季語:強東風(つよごち)、東風(こち)


カワウの頭500P

新幹線の高架橋の下流側に

いつもいる

マガモののメスです


マガモメス


近くの電線には

野鳥が


川田水再生センターの野鳥




草萌える田川


 平成27年3月24日

いつも歩く堤から

河原に下りてみると

枯草の間から青々と草の芽が萌えつつありました

いつも行く堤河原に草萌える

暁 雲

(いつもゆくつつみかわらにくさもえる)

季語:草萌(くさもえ)

草萌える田川

田川の田圃側



草燃ゆる田川2

麦もだいぶ大きくなってきました

麦畑

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM