車椅子で歩ける町宇都宮

090727_1209~0002.jpg
車椅子の方がいました

地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に関する研究会

総合交通戦略の展開と「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」の運用についてを聞いてまいりました。
会場は川崎商工会議所の会議室
講師に国土交通省の神田企画専門官(都市・地域整備局街路課)と、コーディネーターは東大の原田先生でした。
 少子高齢化人口減少の流れの中で、CO2など環境負荷が高まり、中心市街地の一層の衰退、都市が広域に拡散することにより、財政をますます圧迫してしまう。モータリゼーションの進展が公共交通の地位をさらに低下させてしまう。道路整備により自動車依存をさらに高めていくモータリゼーションスパイラルが発生している。今後は「歩いて暮らせるコンパクトな集約型都市構造」への再編が不可欠ということだそうです。これからの市街地整備は集約型都市構造を目指し市街地整備の戦略的取り組みが必要とのことでした。
その後参加者からの質問と講師からの説明がありました。
         平成19年7月18日
          kobahiro

東武鉄道 新鹿沼駅

20070603_306639.jpg070603_1039~0001.jpg

不動前到着

20070330_262660.jpg
21時32分JR宇都宮駅を出発をして、不動前に21時52分に到着しました。
所用時間は20分でした料金は200円でした。やすいですね。タクシーでは1000円以上係るでしょうね。公共交通は市民の足ですね。関東自動車さんありがとうございました。今後とも頑張ってね。お願いします。

バス停が交差点のすぐ先

20070330_262657.jpg
JR宇都宮駅から江曽島行きのバスに乗りました。不動前でおります。東京街道の不動前交差点は信号が赤でバス停の手前で停車しています。バスの運転手さんにここで降りられますかと聞くとここではだめですとの答えが返ってきました。との。交差点の先にあるバス停の所しかだめなのでしょうね。国の法律でそのようになっているのでしょうね。私はここで降りることができれば自宅にすぐ帰れれます。しょうがないですね。
 しかし、何故だめなのでししょうね、ここで私がおりれば、バスの発進停止が1回少なくてすみます。環境には良いのではないのでしょうか、しかし規則なのでしょうね。
 地球温暖化が叫ばれる昨今なのに、こんな小さなことでも、日本全国で行うとCO2の発生が少しでありますが、少なくなるのではと考えるkobahiroでした。日本の中の知恵者からの意見を求めています。私の考えがおかしいのかもしれませんね。
 ではお休みなさい。
    kobahiro










優先席に座る中年男と若者

優先席に座る若者他
写真左から中年男性、若人、高齢者です。最初に優先席と分かってないのでしょうね、左の男性が躊躇なく、座ってきました、次ぎに右端の方は高齢の女性の方でした。椅子が空いていて良かったなと思いました、少し時間がたってから中央のあいている箇所に「若い男性が座ってきました、高齢の女性と知り合いみたいですね。ここで救われるのは、高齢者がそのあとは乗ってきませんでした。 でも之でよいのかなと考えるkobahiroがいました。マナーがにのではと思いました。自分さえよければという人々かなと考えてしまいました。皆様はいかがでしょうか。

パスで帰ります

20070330_262635.jpg070330_2132~0001.jpg

宇都宮駅構内の今



江曽島行き

20070330_262623.jpg

宇都宮駅到着

20070330_262617.jpg

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM