野口雨情が泊まった 塩原温泉 和泉屋旅館

 「赤い靴」や「あの町この町」で有名な詩人野口雨情ゆかりの旅館に行きました。宇都宮から約2時間のドライブでした。(高速を使わないで、一般道で行きました)  栃木県那須塩原市福渡にある 創業四百七十五年の和泉屋さんの露天風呂に入りました。 隣には大ぶろがありました。大ぶろは少し熱かったですが、すぐなれました。細長い円形のおふろでした。
 露天風呂はちょうど良い湯かげんでした、ふと見ると木の芽が太陽の光に照らされ、ふくらんでいました。
??.jpg

                待春(たいしゅん)や
                      芽ふくらみて
                           雨情の湯

                             kobahiro
箒川
 露天風呂の前を流れる箒川の景色

 
本館
 道路の北側にある本館(写真右)で受け付けをすませ、地下1階から地下道を通り、文学亭(写真の左側にある木造の建築です)にある温泉です。
雨情の軸
 雨情の命日は1月27日です、本館で雨情の作品が本日1月31日まで展示されていました。
ちょうど社長さんとお客様が、雨情さんの話や、お弟子さんであります、当館の先代であります、14代和泉屋太平(詩人泉よう太郎)さんの話をしておりました、私も同席し拝聴することができ、至福の時間を過ごすことができました。
文学亭
 文学亭と入り口にある歌碑
文学碑 
ここは野口雨情や竹久夢二など多くの文人、画人に愛された宿です。第47代横綱の柏戸も当旅館に宿泊したと社長さんが話して下さいました。


那須/塩原温泉 和泉屋旅館 栃木県那須塩原市塩原190 tel 0287−32−2005

コメント
はじめまして。

塩原まで足を運んでいただき、ありがとうございます。
地元なので、こうして記事にしていただけるのはとても嬉しく、ありがたいです。

塩原図書館から帰る途中、ゆかりの文豪である、「泉よう太郎」が気になり調べてみましたら、こちらにたどり着きました。

塩原図書館には、ゆかりの文豪コーナーが設置してあり、わずかですが泉ようたろうの本も読むことができます。
(市役所の)出張所も併設されていたり、塩原コーナーもありますので、お時間がありましたらお立ち寄りくださいませ。

ブログに書いていただけたこと、そして、実際に来ていただけたこと、重ねて御礼申し上げます。

私も、野口雨情や関連していることについて、これからもっともっと勉強していく所存です。

こちらのブログの他の記事も、参考にさせてください。

突然のコメント失礼いたしました。

  • はじめまして。
  • 2017/02/23 6:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM