△修譴郎から142年前に起きた 宇都宮戊辰戦争機_鴫聾玉腓稜鯤疾

 下河原門がこの写真かどうかわかりませんが、このような門であたのではと?
下野新聞昭和63年1月31日の記事
今小路門 戊辰戦争を生き残る
宇都宮市内の農家の門となって残されている・・・残されている唯一の宇都宮城の門・・・・・これ以外の門は戊辰戦争のとき消失した・・・・・記事があり、その門を撮影してきました。
門想定写真
この門の両側に土塁がありました。
宇都宮城想定図
この図面は
   制作:宇都宮城跡蓮池再生検討委員会
下の図面は現在の道路と家屋が記されている図面を下絵にして、そこに江戸時代の町割をかさねてあります、図面の緑は土塁です、茶色が道です、赤線でかこまれて下河原門 と表示があります。太い水色が田川です。そこに架かる橋が簗瀬橋です。
門の両脇は土塁で守られていたのですね。
下河原門絵図
この絵図は「宇都宮御城内外絵図」です
右側に田川と簗瀬橋、田川沿いにお寺があり、左に下河原門の文字、形状は枡形門ですね。
この絵図では土塁と水路が同じような色で判別が難しいです。(上の宇都宮城想定図と見比べるとわかります)
この絵図をみると‥沈遒冷明ザ兇鰺遒箸擦仟腓な防御ラインになりますね。・・・田川を渡る敵には土塁上とお寺(朱塗りの部分にある建物)から狙われます。宇都宮城はお寺も防衛の施設だったと言われております。小城の北側は直線的にお寺が建っています。
∪屬たГ呂寺です、これも防衛のために使えましたね。
枡形門の入り口には堀があり橋が架かっていました
これを見ると、南側が弱いと言われている宇都宮城ですが、下河原門付近は城を守る為の設計がしっかりできていたのではと考えられるのではないでしょうか。

土方歳三率いる旧幕府軍はこの門から城内に突入したのです。




コメント
私も宇都宮に住む者です。
新撰組に惹かれただ今宇都宮の戦いを勉強中です。
忙しい&遠いの理由で史跡巡りができないと嘆く中1です。
(県庁の近くですが)
  • Ikuya
  • 2011/09/03 11:26 PM
宇都宮の歴史面白いでしょう。土方歳三 鬼の副長が宇都宮城を落城させたんですね。司馬遼太郎の燃えよ剣の下巻にそのシーンがでてます。大嶽浩良著 下野の戊辰戦争にも宇都宮の戦の記述があり、紙上でタイムスリップできるかもね!勉強も頑張って下さい。
  • Kobahiro
  • 2011/09/04 12:27 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM