文学の道

JUGEMテーマ:地域/ローカル

平成29年4月10日(月)

文学の小道スポット

 

今日の二荒山神社

ふたあらやまと読みます

 

桜の二荒山神社

 

宰鳥(さいちょう)句碑

 

桜の蕪村(宰鳥)句碑

 

鶏は羽にはつねをうつの宮柱 宰鳥

 

とりははに はつねをうつの みやばしら

さいちょう

 

と刻まれています。

 

 

宰鳥は下野宇都宮で

蕪村という号で一句

 

古庭に鶯鳴きぬ日もすがら 蕪村

ふるにわにうぐいすなきぬひもすがら ぶそん

 

この句は生福寺境内の句碑に刻まれています。

 

桜の二荒山神社境内

 

この写真は

 

二荒山神社境内の桜です

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM